無添加住宅

無添加住宅

無添加住宅誕生のきっかけは、体調不良を訴える一人の女性との出会いでした。
わたしたちは、その体調不良の原因が家の中の空気、すなわち化学物質だと推測し(のちにシックハウス症候群と判明)、その原因を排除した家づくりを始めました。
そこでお手本にしたのが、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家づくりです。
昔の家は土と木、そして草や紙などで構成され、バランスがとれていました。
その考えを軸に、現代の家づくりに合うよう何度も吟味を重ね、自然素材に徹底的にこだわって完成させたのが「無添加住宅」です。
また、フランスとスペインに挟まれた小さな国「アンドラ公国」を訪れた際に、わたしたちは天然石や漆喰で造られた家の素材とデザインに感銘を受けました。
その家は築300年、400年を経ても美しさを保っていたのです。
その二つの要素が共生した家が無添加住宅。
無添加住宅はただの健康住宅だけでなく、夏や冬も快適で、経年変化が楽しめ、本物にしかない素材感やデザインなどの価値を提供します。
他にはない世界で一つだけの家、それが無添加住宅なのです。

コンク2000

コンク2000

フランスに位置する コンク―
そこには、2000年以上も昔から世界各地で使われてきた、漆喰壁の家の姿が建ち並びます。
昔から使われてきた素材で建てられた家々。その家を、代々受け継いでいるのです。
どこか落ち着く雰囲気と、ずっしりと構えられ、重厚感ある安心できる佇まいがあります。
その伝統ある家々を日本の風土に合うように改良されたのが、無添加住宅「コンク」です。
室内や外部に伝統ある漆喰を使用するのはもちろん、フローリングや建具にも無垢材を使い、経年変化を楽しんでいただけるように素材を選んでいます。
断熱材には「炭化コルク」を使用。人にも地球にもやさしく、落ち着きのある暮らしをご提案。
快適に暮らしながら、「エコな生活」ももたらしてくれる家。
それが無添加住宅「コンク」です。

2000万円

コンクの特徴

切妻の石屋根

屋根はシンプルな切妻屋根です。
瓦の屋根とは違って、石屋根は重厚感があり、一枚一枚表情の違うクールーフの石屋根の魅力を生かしています。

やさしい色合いの漆喰壁

外壁は、ホワイトとベージュの二色。
白い外壁はすっきりと美しく、ベージュの外壁は、柔らかで優しい印象を奏でます。

石屋根はクールーフ

屋根には天然石である「粘板岩」を使用しています。
粘板岩とは、数億年にわたり泥質堆積岩が圧密された地層の地下深くで地殻変動によってもたらされた高温・高圧によって生じた岩石です。

玄関ドア

ヨーロッパのドアのように、重厚な無垢の玄関ドアを採用。時間が経つにつれ、味わいのある『お家の顔』となってくれます。

玄関ひさし

玄関ひさしの屋根も、もちろん石屋根です。
ひさしとしての役割はもちろん、建物のシンプルな外観に雰囲気のある表情を与えます。

ポーチライト

明るい時にはその姿を、夜には漆喰壁に映し出された灯りが、一段と玄関をひきたてます。
窓まわりに木枠
窓まわりは、木枠でおめかし。
外観の雰囲気を引きしめます。

無垢フローリング&ドア

フロ-リングのカラーは着色したものを標準としていますが、数種類のバリエーションから選んでいただけます。
着色には化学物質を含まない、自然素材を使用します。

開放的な勾配天井

天井は屋根の高さを活かし、勾配がついているので、空間が広々として開放感があります。
梁の見える天井
重厚感のある梁は安心感さえも与えてくれる、頼もしい存在。空間にアクセントを与えます。

階段

「暗い」という印象のある階段も、漆喰壁のお陰で明るい空間になります。
夜には照明が漆喰の質感と調和し、雰囲気ある空間になります。

小物が飾れるニッチ

壁にぽっかりと開いたかわいらしい空間。
そこにお気に入りの雑貨や写真を飾った途端、ギャラリーに変身。
飾る小物によって、お部屋の雰囲気が変わるので、使いやすいアイテムです。

金物にもこだわり

キャビネットの取っ手やつまみも、テイストに合わせたものをを使用します。
細部までこだわり、ヨーロッパのお家のような空間をつくり上げます。

とことんこだわり

小物にも手を抜きません。
タイルや電球にまでこだわってセレクトしています。

室内無添加

室内無添加

無添加住宅の厳選素材を使って、安心・安全な室内の空気環境をより追求したパッケージ。
キッチン、洗面、建具等も、既製品を採用せず、化学物質を一切含まない、家の材料と同じ無垢の木と鉄と石で作ったオリジナル設備です。グループで培った体にやさしい家づくりの経験とノウハウで、ご家族の健康を守る快適な住まい環境をお約束いたします。

無添加住宅フルオーダー

合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。建材に使う天然素材は化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

無添加住宅フルオーダー

1.床鳴り・隙間の可能性、色ムラがあること、色の変化

無垢材のフローリングは湿気や乾燥により伸縮しますので、床鳴りする場合があります。湿度の低い季節には多少の隙間が空くことがあります。特に床暖房を設置する場合は注意が必要です。また、天然の木材ですので、色・柄の違いや多少の色ムラもあります。更に、天然の木材は使い込むことや陽焼けによって変色して行きます。この変化こそが風合いを楽しむと言うことに他なりません。

2.過度の加湿や乾燥に注意

使用する集成材は米のりで接着していますので、過度の加湿や乾燥によって、ごくまれに割れが生じる場合があります。

3.漆喰と木材との隙間

漆喰と木材の間にはほとんど必ずといっていいほど隙間ができます。これは無垢の木材が縮んだことによるもので、決して欠陥ではありません。壁全体が剥がれ落ちたりすることもありません。

4.漆喰の限度と除湿

漆喰には吸湿作用がありますが、保水能力を超えた場合は結露を起します。室内での加湿器の多用はお控えください。特に引渡し時期によっては、漆喰の中の水分が完全に放出していない場合がありますので、充分な除湿を行ってください。

5.漆喰の味わいと汚れ

漆喰壁は10年以上経過すると味わいが出てくると共に、場所によっては目立つ汚れが出てきます。

6.石の色ムラ、ばらつき

使用する石は自然石ですのでロットによっては、色ムラや形にばらつきがあります。補修用にその時に使用した材料を、少し買置きされることをおすすめします。

7.虫の可能性

使用する材料は防虫処理をしておりませんので、まれに下記のような虫が発生します。

  1. キクイムシ・シバンムシ:これらは木に発生する虫です。この様な虫はホウ素系の水溶液を浸透させて殺虫します。
  2. チャタテムシ:薬材に弱い虫です。人に害を及ぼすことはありません。こまめに掃除と除湿をすることで減ります。漆喰が乾燥していない時などに発生します。大量に発生した時はアルコールなどでその場所を清掃します。
  3. シミ:これも薬などに非常に弱い虫です。ほこりなどを食べる益虫とされています。これもこまめな掃除や古いダンボールなどをかたづけると発生しなくなります。

※木製品については、出荷前に冷凍殺虫を行っております。

8.カビの可能性

使用する材料には、防腐・防カビ剤などは使用しておりません。このため、室内空気環境によってはカビが発生することがあります。カビの発生は室内の湿度、温度が上がっていたり、汚れていることを表しているバロメーターとお考えください。新建材には体に悪い防カビ剤などが入っており、人に悪い環境になってもわからないことがあります。カビを見つけたら風通しを良くし、清掃を行なうとほとんどの場合なくなります。

シックハウス保証

住宅業界で初めて『シックハウス保証』が適用されることとなりました。

フルーダーの無添加住宅では、無添加住宅に新築ご入居されたお客様において、完成引き渡し後3年以内にシックハウス症候群を発症した場合、株式会社無添加住宅とアンジェホームが協力して症状が改善するまでメンテナンス(再工事)を保証するものです。

適用範囲の除外

  • 無添加住宅の素材以外の建材および搬入設置している家具等、無添加住宅の素材以外の物質から発生する化学物質が原因と想定される場合。
  • ご入居前からシックハウス症候群もしくはその疑いがある方。
  • ご入居前から化学物質過敏症もしくはその疑いがある方。
事前に担当まで申し出ください。

引渡し時に(株)無添加住宅より保証書発行。

ご入居後、シックハウス症候群を発症した場合。

ご訪問し、お客様の症状の確認。

(株)無添加住宅、Angehome、お客様、三者立ち会いのもとメンテナンス範囲を決定し工事着工。

メンテナンス工事終了後、症状の経過を確認。

こだわりの店舗設計

無添加素材を活かした店舗設計。
お客様が日々訪れる場所だからこそ、外観だけでなく内装や各設備にも十分な配慮をしています。
安心・安全な室内の空気環境で、 お客様のご要望をじっくりと伺い、こだわりの内装をご提案します。

無添加素材

漆喰

天然石

無垢材

炭化コルク

柿渋

米のり